「特捜」崩壊 : 墜ちた最強捜査機関

石塚健司 著

一見派手な逮捕劇の陰で、身内から危機感が噴出!東京地検特捜部がおかしい。派手な逮捕劇の裏で何が起きているのか?検察を20年追った記者が斬り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「猟犬」が駆逐された時代(特捜部の機能不全
  • 「捜査の職人」が消えた
  • 停滞する事件処理
  • 「箔付け」ポストになった特捜副部長
  • 上意下達型捜査の壁)
  • 第1章 「苛察」と「検察」の狭間(封印された身内の膿
  • 法務大臣に報告せず
  • 捨てられなかった「キャリアの首」
  • 一度は見送られた捜査が復活
  • 脅しで積み上げられた収賄額
  • ひとりで罪をかぶった銀行常務
  • 「盟友」国税の反撃
  • 次々さらわれる大蔵の縄張りポスト
  • 検事が赤線で消した接待
  • 賭けに出た証券会社
  • 検事総長の怒り
  • 不祥事にフタをした東京地検
  • 「右へならえ」のスピード結審
  • 吉永祐介ありせば…)
  • 第2章 「あり得ない」逮捕劇(絶句したヤメ検
  • 「フィクサー」の実像
  • 週刊誌のあやふやな記事を真に受ける
  • 「秋山マネー」という鉱脈
  • 防衛省の膿を出せ
  • 消えた25万ドルを追え
  • すべては威信を保つため
  • 丸写しの告発書)
  • 第3章 恫喝(「我々がやらせませんよ」
  • 子供と一緒に殺される夢を見た
  • 恫喝を打ち消す調書
  • 逮捕は担当副部長への「はなむけ」
  • 取り調べの人間学
  • 上司の指示通りに追及するだけの検事
  • 事実の究明より有罪判決)
  • 第4章 特捜部がなくしたもの(最後の「捜査密行」時代
  • 「特捜に撤退なし」は吉永だからできた
  • 「検察ファッショ」への戒め
  • 「風向き」を読む検察
  • 「ミスター」が憂えた未来
  • 法務と大蔵、夜の接点
  • 打ち込まれた「くさび」
  • 劇場型捜査の代償)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「特捜」崩壊 : 墜ちた最強捜査機関
著作者等 石塚 健司
書名ヨミ トクソウ ホウカイ : オチタ サイキョウ ソウサ キカン
出版元 講談社
刊行年月 2009.4
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-215455-0
NCID BA89871406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21586162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想