強いられる死 : 自殺者三万人超の実相

斎藤貴男 著

10年間連続で年間3万人を超える自殺者を出す「自殺大国日本」。なぜ、これほどまでの自殺者を日本は出しているのか?自殺を「社会的に強いられる死」という視点から探り、日本の病巣に迫った渾身の話題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 年間自殺者一〇年連続三万人超
  • パワハラと過重労働の果てに
  • 死を誘う郵政民営化
  • 多重債務問題の本質
  • 倒産という呪縛-中小企業経営者
  • 閉ざされた世界-学校と自衛隊
  • 絶望と、それでも、これから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強いられる死 : 自殺者三万人超の実相
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ シイラレル シ : ジサツシャ 3マンニンチョウ ノ ジッソウ
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.4
ページ数 261, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-621377-8
NCID BA89862074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21583692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想