光るクラゲがノーベル賞をとった理由(わけ) : 蛍光タンパク質GFPの発見物語

生化学若い研究者の会 編著 ; 石浦章一 監修

2008年ノーベル化学賞受賞!下村脩博士が発見した光るタンパク質の秘密を解き明かす。「光る生き物」から、がんや脳研究の応用までをやさしく語る。宮脇敦史博士のインタビューも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 生命科学を導く星
  • 第1部 光る生き物たち(光る生き物たち
  • どうやって光るの?ほか)
  • 第2部 2008年度ノーベル化学賞受賞GFPの発見と改変の歴史(オワンクラゲの発光物質を求めて
  • チャルフィー博士とチェン博士の功績)
  • 第3部 最先端の研究現場でのGFPの応用(がん研究におけるGFPの活躍
  • 脳研究におけるGFPの活躍)
  • エピローグ 宮脇敦史博士インタビュー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光るクラゲがノーベル賞をとった理由(わけ) : 蛍光タンパク質GFPの発見物語
著作者等 生化学若い研究者の会
石浦 章一
書名ヨミ ヒカル クラゲ ガ ノーベルショウ オ トッタ ワケ : ケイコウ タンパクシツ GFP ノ ハッケン モノガタリ
書名別名 光るクラゲがノーベル賞をとった理由
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.4
ページ数 194, 4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-535-78628-8
NCID BA89856311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21588340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想