子どもの声に耳をすませば : 電話でつくる〈心の居場所〉

チャイルドライン支援センター 編

子どもの話に耳を傾ける電話「チャイルドライン」。年間10万件以上も寄せられる声からは、窮屈な競争社会に置かれた子どもたちの生きづらさがうかがえる。いま大人、社会は子どもをどう育むべきか。子どもの声をもとに考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもの声を聴くということ-チャイルドラインの活動
  • 第2章 子どもたちは、いま-電話に寄せられる子どもたちの声
  • 第3章 「子育ての共同性」を取り戻すために-いま、なぜチャイルドラインか
  • 資料 全国チャイルドラインマップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの声に耳をすませば : 電話でつくる〈心の居場所〉
著作者等 チャイルドライン支援センター
加藤 志保
奥地 圭子
清川 輝基
山本 多賀子
高木 眞理子
太田 久美
書名ヨミ コドモ ノ コエ ニ ミミ オ スマセバ : デンワ デ ツクル ココロ ノ イバショ
書名別名 Kodomo no koe ni mimi o sumaseba
シリーズ名 岩波ブックレット no.755
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.5
ページ数 69p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-009455-9
NCID BA89844560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21609370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想