マニラ保険金殺人事件

井上安正 著

「ロス疑惑」とともに保険金殺人事件の双璧としてマスコミの話題を集めた「幼児性夢想型」の犯罪。本書は事件の全貌を明らかにしながら、刑期後の主犯の姿も追って特異な人間性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゲーム感覚
  • 第2章 犯人グループ
  • 第3章 マニラ
  • 第4章 殺人
  • 第5章 動き出すマスコミ
  • 第6章 完落ち
  • 第7章 捜査本部
  • 第8章 独居房
  • 終章 人生の皮肉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マニラ保険金殺人事件
著作者等 井上 安正
書名ヨミ マニラ ホケンキン サツジン ジケン
書名別名 Manira hokenkin satsujin jiken
シリーズ名 中公新書ラクレ 318
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.5
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150318-3
NCID BA89841380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21614553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想