エンタメ通訳の聞き方・話し方

小林禮子 著

著者はレオナルド・ディカプリオ、フレデリック・フォーサイス、フレディー・マーキュリーなど多数の海外著名人の通訳を務めてきた、エンタテイメント業界では知る人ぞ知る通訳。「言葉の背後にあるものを意識する」「ポジティブないい加減さで困難を乗り切る」「自分を売り込まない」…。これらは著者が「いつでもどこでも誰とでも」コミュニケーションをとるために、身に付けたものである。人と付き合う上で一番大切なこと、それを感じ取りながら読んでもらいたい、幸せに生きるためのヒントが詰まっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 通訳はみなフリーター-会議通訳とエンタテイメント通訳の違い
  • 2章 「面」で進む先に待ち受けるものは?-ニュー・フロンティアへの道
  • 3章 エンタテイメント通訳はよく笑い、よく食べ、よく寝る-笑いは万能薬!
  • 4章 個性豊かなどんぐりさんたち-どんなに有名でも、どんぐりはどんぐり
  • 5章 蚊取り線香トークからの脱却-日本語の精神構造
  • 6章 すうちゃんの出汁巻き卵-マニュアルの是非
  • 7章 アートとサイエンスの関係-秘められた日本の底力
  • 最終章 ビジュアル・コミュニケーションへ-Seeing is Believing

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エンタメ通訳の聞き方・話し方
著作者等 小林 礼子
小林 禮子
書名ヨミ エンタメ ツウヤク ノ キキカタ ハナシカタ
シリーズ名 PHP新書 589
出版元 PHP研究所
刊行年月 2009.5
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-70754-9
NCID BA89840220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21585540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想