ウェブはバカと暇人のもの : 現場からのネット敗北宣言

中川淳一郎 著

著者はニュースサイトの編集者をやっている関係で、ネット漬けの日々を送っているが、とにかくネットが気持ち悪い。そこで他人を「死ね」「ゴミ」「クズ」と罵倒しまくる人も気持ち悪いし、「通報しますた」と揚げ足取りばかりする人も気持ち悪いし、アイドルの他愛もないブログが「絶賛キャーキャーコメント」で埋まるのも気持ち悪いし、ミクシィの「今日のランチはカルボナーラ」みたいなどうでもいい書き込みも気持ち悪い。うんざりだ。-本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか?リアルな現実を、現場の視点から描写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネットのヘビーユーザーは、やっぱり「暇人」(品行方正で怒りっぽいネット住民
  • ネット界のセレブ「オナホ王子」 ほか)
  • 第2章 現場で学んだ「ネットユーザーとのつきあい方」(もしもナンシー関がブログをやっていたら…
  • 「堂本剛にお詫びしてください」 ほか)
  • 第3章 ネットで流行るのは結局「テレビネタ」(テレビの時代は本当に終わったのか?
  • ブログでもテレビネタは大人気 ほか)
  • 第4章 企業はネットに期待しすぎるな(企業がネットでうまくやるための5箇条
  • ブロガーイベントに参加する人はロイヤルカスタマーか? ほか)
  • 第5章 ネットはあなたの人生をなにも変えない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェブはバカと暇人のもの : 現場からのネット敗北宣言
著作者等 中川 淳一郎
書名ヨミ ウェブ ワ バカ ト ヒマジン ノ モノ : ゲンバ カラノ ネット ハイボク センゲン
シリーズ名 光文社新書 399
出版元 光文社
刊行年月 2009.4
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03502-0
NCID BA89836289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21767770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想