近世の淀川治水

村田路人 著

琵琶湖に水源をもち、大阪湾に注ぐ近畿最大の河川である淀川をいかに治めるかは、古代以来、その時どきの政権担当者が直面した国家的重要課題であった。とくに、近世においては、その最下流部に位置していた重要都市大坂の発展と保全を図りつつ、淀川の治水システムを確立させる必要があった。本書では、豊臣政権期および江戸時代における淀川治水の実態を、畿内河川整備事業の展開、堤防維持システムである国役普請制度の確立過程、日常的な河川管理制度のあり方などの側面から検討してみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 治水史からみる近世淀川
  • 1 豊臣政権期の淀川
  • 2 17世紀の淀川川筋問題と幕府の治水策
  • 3 摂河国役普請制度
  • 4 17世紀の河川管理制度
  • 5 18世紀以降の変化
  • 近代的治水の起点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の淀川治水
著作者等 村田 路人
書名ヨミ キンセイ ノ ヨドガワ チスイ
書名別名 Kinsei no yodogawa chisui
シリーズ名 日本史リブレット 93
出版元 山川出版社
刊行年月 2009.4
ページ数 102p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54705-6
NCID BA89828054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想