チンパンジー : ことばのない彼らが語ること

中村美知夫 著

道具を使い、社会的駆け引きをすることから「賢い」と思われているチンパンジー。しかし、例えば動物園で飼育される場合とは異なり、野生では、賢さ以外のさまざまな姿も見られるようだ。コドモのけんかから小競り合いを始めるメス親もいれば、そんな母親を見て気が大きくなったのか、よせばいいのに、さらに攻撃をしかけるコドモもいる。とても他人事には見えない…。チンパンジーと同じ目の高さで綴られた野生の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 半獣神の末裔
  • 第2章 日々の暮らし
  • 第3章 相互行為
  • 第4章 社会
  • 第5章 文化
  • 第6章 闇
  • 第7章 他者としてのチンパンジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チンパンジー : ことばのない彼らが語ること
著作者等 中村 美知夫
書名ヨミ チンパンジー : コトバ ノ ナイ カレラ ガ カタル コト
書名別名 Chinpanji
シリーズ名 中公新書 1997
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.4
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101997-4
NCID BA89805693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21604867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想