脱閉域キリスト教の脱構築  1

ジャン=リュック・ナンシー 著 ; 大西雅一郎 訳

世界化した「西洋」の根源にある、"キリスト教"あるいは"神"という名についての徹底した思考。束の間通過する"神"の歩み、ウインクの煌めき-一神教=無神論が名指す無制約的な他者、世界を開裂する何ものでもない"開け"を線描する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 無神論と一神教
  • 一神教の脱構築
  • ユダヤ‐キリスト教的なるもの(信について)
  • 全体の無なることの信
  • 心臓での経験
  • 言葉は肉となった
  • ブランショにおける神の名
  • ブランショの復活
  • 慰め、悲嘆
  • 神的なウインクについて
  • 脱神話化された祈り
  • キリスト教の脱構築
  • 脱閉域

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱閉域キリスト教の脱構築
著作者等 Nancy, Jean-Luc
大西 雅一郎
Nancy Jean‐Luc
ナンシー ジャン=リュック
書名ヨミ ダツヘイイキ キリストキョウ ノ ダツコウチク
書名別名 La declosion
巻冊次 1
出版元 現代企画室
刊行年月 2009.4
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7738-0904-6
NCID BA89805649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21583470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想