新編日本のフェミニズム  5 (母性)

天野正子 [ほか]編

妊娠や出産、育児は決して「自然の営み」ではない。育児負担の歪みがもたらす少子社会、出産の医療化の果ての産科医不足、テクノロジーが揺るがす生命観・家族観、生殖や再生産労働の商品化がひろげるグローバルな格差。フェミニズムの試金石でもありつづける<母性>=近代の性と生殖をめぐる危機の現在を見渡す論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 母性の政治学
  • 2 出産/避妊/中絶の近代
  • 3 子育てにおける女性の葛藤
  • 増補編1 お産の近代
  • 増補編2 リプロダクティブ・フリーダム
  • 増補編3 生殖技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編日本のフェミニズム
著作者等 天野 正子
斉藤 美奈子
江原 由美子
上野 千鶴子
井上 輝子
伊藤 るり
伊藤 公雄
書名ヨミ シンペン ニホン ノ フェミニズム
書名別名 母性
巻冊次 5 (母性)
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 314p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028140-9
NCID BA8978951X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想