ハイデガーの弁明 : ハイデガー・ナチズム研究序説

奥谷浩一 著

ハイデガー哲学はなぜナチズムと両立しえたのか。隠蔽されたハイデガー・ナチズムを解明し、ハイデガーの弁明に含まれる真実と虚構を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハイデガーとナチズム
  • 第1部 「ハイデガー裁判」の経過と結末(「ハイデガー裁判」の発端
  • ランペの覚え書き文書と「ハイデガー裁判」のその後の展開
  • 情勢の急展回
  • 一九四五年一一月四日付の学長宛書簡におけるハイデガーの「弁明」
  • 浄化委員会議長宛の手紙におけるハイデガーの最後の抵抗
  • 浄化委員会の最終報告書の概要
  • 「ハイデガー裁判」の結末)
  • 第2部 ハイデガーの『一九三三/三四年の学長職。事実と思想』の真実と虚構(ハイデガーが学長を引き受けた動機と学長選挙の経緯
  • 学長時代のハイデガーの思想と行動
  • いくつかの密告事件にたいするハイデガーの関与
  • 学長職辞任の真相をめぐって
  • 学長職辞任後のハイデガー
  • 「事実と思想」の思想
  • 結論と今後の展望)
  • 第3部 ハイデガーとシュタウディンガー事件(シュタウディンガー事件または「シュテルンハイム作戦」の発端
  • シュタウディンガーの経歴と業績について
  • 第一次世界大戦前後とフライブルク大学招聘にさいして生じた諸事件
  • シュタウディンガー事件の顛末
  • シュタウディンガー事件後の諸事件
  • その後のシュタウディンガーとハイデガー
  • 主題の考察)
  • 第4部 シルヴィオ・ヴィエッタによるハイデガー擁護論の批判(ハイデガー・ナチズム論争とハーバマスへの言い掛かり
  • 民族主義・人種主義とハイデガーとの関わり
  • ナチズムの定義の限りなき曖昧さ
  • ハイデガーはナチズム批判から近代技術批判へ移行したか
  • ハイデガーは「ニーチェ講義」でナチズムと対決したか
  • ハイデガーの『哲学への寄与』における近代技術批判をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデガーの弁明 : ハイデガー・ナチズム研究序説
著作者等 奥谷 浩一
書名ヨミ ハイデガー ノ ベンメイ : ハイデガー ナチズム ケンキュウ ジョセツ
書名別名 Haidega no benmei
シリーズ名 札幌学院大学選書
出版元 梓出版社
刊行年月 2009.4
ページ数 388p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87262-020-7
NCID BA89784946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想