日本のヒップホップ : 文化グローバリゼーションの〈現場〉

イアン・コンドリー 著 ; 上野俊哉 監訳 ; 田中東子, 山本敦久 訳

日本の若者たちにとってヒップホップが意味するものは何か。日本語ラップというスタイルを作り出す"現場"の創造性の核心。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヒップホップ、ジャパン、文化のグローバリゼーション
  • 第1章 イエローBボーイズ、黒人文化、エルヴィスの影響
  • 第2章 バトルするヒップホップ・サムライ
  • 第3章 "現場"グローバリゼーションと権力の場所
  • 第4章 ラップ・ファンと消費文化
  • 第5章 日本語でライムする
  • 第6章 女性ラッパーとキューティスモの値打ち
  • 第7章 メイクマネー、日本式
  • 終章 ヒップホップ・グローバリゼーションの教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のヒップホップ : 文化グローバリゼーションの〈現場〉
著作者等 Condry, Ian
上野 俊哉
山本 敦久
田中 東子
コンドリー イアン
書名ヨミ ニホン ノ ヒップ ホップ : ブンカ グローバリゼーション ノ ゲンバ
書名別名 Hip-hop Japan
出版元 NTT
刊行年月 2009.4
ページ数 433p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7571-4171-1
NCID BA89765737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21582858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想