ローカル・ガバナンス : 福祉政策と協治の戦略

山本隆 著

地方分権への動きが活発になりつつある現在、注目されているのがローカル・ガバナンスである。本書は、住民の主体性というミクロの視点や、グローバリゼーションの進展による国民国家の変容と、それが国内政治、経済に与える影響といったマクロの視点などのさまざまな点からローカル・ガバナンスについて考察し、今後の福祉政策を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 転換期の国民国家-分離・融合の位相
  • 第1部 福祉国家の政府間関係とローカル・ガバナンス(ガバナンスの理論と実際
  • ローカル・ガバナンスの状況-国際比較の視点から)
  • 第2部 ローカル・ガバナンスと福祉政策(介護保険制度とローカル・ガバナンス-市区町村の再規制の役割を求めて
  • イギリスの自治体介護政策とローカル・ガバナンス-準市場と再規制としてのコミッショニング
  • わが国の地域福祉の計画化とローカル・ガバナンス
  • イギリスの地域再生とローカル・ガバナンス
  • 地域再生の事例研究)
  • 第3部 ローカル・ガバナンスとシティズンシップ、パートナーシップ、公共性基準(ローカル・ガバナンスとシティズンシップ
  • ローカル・ガバナンスの行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローカル・ガバナンス : 福祉政策と協治の戦略
著作者等 山本 隆
書名ヨミ ローカル ガバナンス : フクシ セイサク ト キョウチ ノ センリャク
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第130編
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.4
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04906-6
NCID BA89751914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21584289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想