新左翼とロスジェネ

鈴木英生 著

二〇〇八年、未曾有の『蟹工船』ブームが巻き起こった。この現象は、若年貧困層らが抱く不満や、連帯への渇望を表しているのだろうか?また、巷に蔓延する閉塞感と八〇年前のプロレタリア文学の世界をつなぐバトンの在り処とは?本書は、一九七五年生まれ"ロスト・ジェネレーション"(失われた世代)のジャーナリストが、戦後の新左翼運動とその周辺を描いた文学を紹介しつつ現代の連帯を模索した、注目作である。キーワードは-「自分探し」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『蟹工船』、希望は戦争
  • 第2章 新左翼前史 戦前〜五〇年代
  • 第3章 黎明期から六〇年安保へ 五八〜六五年
  • 第4章 頂点叛逆する全共闘 六一〜六九年
  • 第5章 自己否定解体する全共闘 六八〜六九年
  • 第6章 極北内ゲバとその果てへ 六九〜七三年
  • 第7章 自己否定から少数者の運動へ 七四年〜現在
  • 第8章 「消滅」した新左翼 七八年〜現在
  • 終章 ある意味では、新左翼の復権?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新左翼とロスジェネ
著作者等 鈴木 英生
書名ヨミ シンサヨク ト ロスジェネ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2009.4
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720488-9
NCID BA89744205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21581300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想