イスラエル

臼杵陽 著

イスラエルはいま、「ユダヤ国家」という理念と多文化化・多民族化する現実とのはざまで切り裂かれ、国家像をめぐって分裂状態にある。なぜそうした苦悩を抱え込んだのか。シオニズムの論理、建国に至る力学、アラブ諸国との戦争、新しい移民の波、宗教勢力の伸張、和平の試みと破綻など、現代史の諸局面をたどり、イスラエルの光と影を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 統合と分裂のイスラエル社会
  • 第2章 シオニズムの遺産
  • 第3章 ユダヤ国家の誕生
  • 第4章 建国の光と影
  • 第5章 占領と変容
  • 第6章 和平への道
  • 第7章 テロと和平のはざまで
  • 終章 イスラエルはどこに向かうのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラエル
著作者等 臼杵 陽
書名ヨミ イスラエル
シリーズ名 岩波新書 新赤版1182
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 230, 8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431182-9
NCID BA89742582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想