ドイツ哲学史1831-1933

ヘルベルト・シュネーデルバッハ [著] ; 舟山俊明, 朴順南, 内藤貴, 渡邊福太郎 訳

ドイツ観念論体系崩壊後の歴史にあえてターゲットを絞り、新カント学派に下された認識論への還元主義という一面的な評価、生の哲学がおよぼした影響力の忘却など、偏った哲学的認識に再考を促す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 1章 時代の概観
  • 2章 歴史
  • 3章 学問/科学
  • 4章 理解
  • 5章 生
  • 6章 価値
  • 7章 存在
  • エピローグ-人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ哲学史1831-1933
著作者等 Schnädelbach, Herbert
内藤 貴
朴 順南
渡邊 福太郎
舟山 俊明
Schn¨adelbach Herbert
シュネーデルバッハ ヘルベルト
書名ヨミ ドイツ テツガクシ 1831 1933
書名別名 Philosophie in Deutschland 1831-1933

Doitsu tetsugakushi 1831 1933
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 913
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.4
ページ数 346, 103p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00913-6
NCID BA89738257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21604236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想