自己組織化とは何か : 自分で自分を作り上げる驚異の現象とその応用

都甲潔, 江崎秀, 林健司, 上田哲男, 西澤松彦 著

分子・細胞レベルを操る自己組織化テクノロジーとは。ランダムから秩序を作りだす現象が自己組織化である。脳の神経細胞から血管細胞、味細胞、嗅細胞、さらに心筋細胞に見られる自己組織化の現象を応用して人工知能や味覚センサー、においセンサー、マイクロロボットの実用化を目指す自己組織化テクノロジーの最前線を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自己組織化とはなんだろうか
  • 第2章 自己組織化のしくみ
  • 第3章 粘菌は自己組織化する
  • 第4章 脳がつくるリズムとパターン
  • 第5章 生命と人工生命の進化
  • 第6章 生体パーツの自己組織化を操る
  • 第7章 味覚を再現する
  • 第8章 嗅覚を再現する
  • 第9章 生体パーツを取り込むデバイス技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己組織化とは何か : 自分で自分を作り上げる驚異の現象とその応用
著作者等 上田 哲男
林 健司
江崎 秀
都甲 潔
西澤 松彦
書名ヨミ ジコ ソシキカ トワ ナニカ : ジブン デ ジブン オ ツクリアゲル キョウイ ノ ゲンショウ ト ソノ オウヨウ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2009.4
版表示 第2版.
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257635-2
NCID BA89737695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21576819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想