僕は、慢性末期がん : 「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本

尾関良二 著

余命宣告を受けても、その通りに死ぬとは限らない。「余命半年」の宣告から三年を経ても健在の末期がん患者が、治療の日々をユーモラスに振り返り、前向きながん生活を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 10段階の4(入院
  • 退院)
  • 第2章 検査と治療の日々(花小金井クリニックでの温熱治療
  • 温熱療法(ハイパーサーミア) ほか)
  • 第3章 がんを生きる(ウンコが出ない!
  • 2度目の入院 ほか)
  • 第4章 置いていきたくないすべてのもの(肺がん?
  • 悪魔のささやき ほか)
  • 第5章 旅支度(4年目の扉
  • 3度目の入院 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕は、慢性末期がん : 「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本
著作者等 尾関 良二
書名ヨミ ボク ワ マンセイ マッキ ガン : ヨメイ ハントシ ノ センコク ドオリ ニ シニタクナイ ヒト ニ オクル ホン
シリーズ名 文春新書 694
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.4
ページ数 168p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660694-8
NCID BA89735485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21586198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想