マンガは哲学する

永井均 著

マンガという形式でしか表現できない哲学的問題がある!自我論などで若者に人気の哲学者が、手塚治虫、藤子・F・不二雄、萩尾望都、楳図かずお、永井豪、赤塚不二夫、岩明均などの名作マンガを、相対主義、言語ゲーム、時間論、自我論、神の不在証明、超人論など現代哲学の観点から縦横無尽に読み解いていく。史上まれにみるマンガによる現代哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 意味と無意味
  • 第2章 私とは誰か?
  • 第3章 夢-世界の真相
  • 第4章 時間の謎
  • 第5章 子どもvs.死-終わることの意味
  • 第6章 人生の意味について
  • 第7章 われわれは何のために存在しているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガは哲学する
著作者等 永井 均
書名ヨミ マンガ ワ テツガクスル
書名別名 Manga wa tetsugakusuru
シリーズ名 岩波現代文庫 S183
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603183-1
NCID BA89732793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21597647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想