荷風さんの戦後

半藤一利 著

高度成長直前の1959(昭和34)年まで戦後を生き抜き、時代には背を向けながらも自身の生活を徹底して記録し続けた文豪永井荷風。「孤立」をものともせず反逆的な生き方を貫いた荷風の晩年を愛情あふれる筆致で描いた傑作評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 八月十四日のすき焼
  • 第1章 生きる甲斐なきときに-昭和二十年
  • 第2章 断然気に入った街・市川-昭和二十一年
  • 第3章 何事にも馬耳東風なり-昭和二十二年
  • 第4章 まずは浅草の雑踏の中へ-昭和二十三年
  • 第5章 ロック座のストリッパーたちと-昭和二十四〜二十六年
  • 第6章 もはや"女"に未練はなし-昭和二十七〜三十年
  • 第7章 「ぽっくりと死にますぜ」-昭和三十一〜三十四年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風さんの戦後
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ カフウ サン ノ センゴ
シリーズ名 ちくま文庫 は24-12
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.4
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42594-2
NCID BA89728286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想