セザンヌ

ガスケ 著 ; 與謝野文子 訳

プロヴァンスが生んだ画家セザンヌ。その晩年に親しくつき合った同郷の若き詩人。ガスケは自ら目にし耳にした老画家の姿を丹念に記録した。ゾラとの友情、ルーヴルでの熱狂、そして芸術論…。傷つきやすい天才の複雑な内面を、詩的な言葉で再現した伝記と対話篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 私の知ることやこの目で見たこと(青春
  • パリ
  • プロヴァンス
  • 老後)
  • 第2部 彼が私に語ったこと(モチーフ
  • ルーヴル
  • アトリエ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セザンヌ
著作者等 Gasquet, Joachim
与謝野 文子
與謝野 文子
ガスケ
書名ヨミ セザンヌ
書名別名 Cezanne
シリーズ名 岩波文庫 33-573-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 396, 13p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-335731-6
NCID BA89726848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21594551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想