禅林句集

足立大進 編

禅門内外の典籍から広く集めた禅語のアンソロジーともいうべき禅林句集は、室町期から次々と編まれ、心の指針を与えてくれる金句集として、禅僧には禅語に習熟するための手引きとして読まれてきた。今回、約三四〇〇の秀句を選び、字数順、五十音順に収めた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅林句集
著作者等 足立 大進
書名ヨミ ゼンリン クシュウ
書名別名 Zenrin kushu
シリーズ名 岩波文庫 33-341-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.4
ページ数 473p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-333411-9
NCID BA89725958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想