華の棺

西村京太郎 著

持病の喘息に苦しみながらも、小説を書くことを愛し、華やかな作風と激しい気性から「ミステリー界の女王」と呼ばれた一人の女流作家。三人の男性作家との濃密で奔放な交流のなかで、最後の瞬間まで小説にこだわった彼女の生涯とは-。故山村美紗氏に捧げる物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華の棺
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ ハナ ノ ヒツギ
書名別名 Hana no hitsugi
シリーズ名 朝日文庫 に7-3
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.4
ページ数 469p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-264499-2
NCID BA8972465X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21590240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想