サッカーという名の戦争 : 日本代表、外交交渉の裏舞台

平田竹男 著

「サッカーは戦争である」とよく言われるが、戦わなければいけないのはピッチの中だけではない。ピッチの外で行われる、他国との交渉という戦争でも勝たなくてはいけない。自国の勝利やお金を懸けた血みどろの戦いが繰り広げられるのだ-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サッカーのもうひとつの戦場
  • 第1章 アテネ五輪予選の裏側
  • 第2章 なでしこジャパンの飛躍
  • 第3章 マッチメイクとは何か
  • 第4章 アウェーの戦い、欧州を駆ける
  • 第5章 国際政治に揺れ動いたW杯アジア予選
  • 第6章 ドイツW杯へ、アジア地区予選
  • 第7章 日本サッカーの未来へ
  • 終章 スポーツの持つソフトパワー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サッカーという名の戦争 : 日本代表、外交交渉の裏舞台
著作者等 平田 竹男
書名ヨミ サッカー ト イウ ナ ノ センソウ : ニホン ダイヒョウ ガイコウ コウショウ ノ ウラブタイ
出版元 新潮社
刊行年月 2009.3
ページ数 191p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-313831-0
NCID BA8972252X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21567779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想