資本主義崩壊の首謀者たち

広瀬隆 著

一九八九年にベルリンの壁が崩壊して、ソ連の共産主義は崩れ去った。そして二十年が経ち、今度はアメリカの資本主義が大崩壊を始めた。AIG、シティグループなどの実質的な国有化からもそのことは明らかであり、国家による一連の救済策は資本主義のルールではなく、社会主義、共産主義のルールに則っている。本書は、この重大な歴史認識を持つことから説き起こして、グローバリズム〜金融腐敗という未曾有の大混乱を誰が招いたのか、ことの真相を明らかにし、さらに国民の資産を守るために、日本がとるべき新しい進路を指し示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自作自演の仮面舞踏会に酔った金融大国(リーマン・ブラザーズ倒産-ことの本質
  • 過去の歴史から何を学ぶか-世界大恐慌
  • 原油価格と穀物価格はなぜ高騰したか ほか)
  • 第2章 誰がこのような世界を創り出したか(最大の責任者は財務長官ロバート・ルービンとローレンス・サマーズ
  • シティグループの誕生と現在のアメリカ銀行界
  • ウォール街から証券会社は消えたのか ほか)
  • 第3章 日本がとるべき新しい進路(リーマン・ブラザーズたちが日本に残した足跡
  • 日本はアメリカの奴隷国家か
  • 日本政府が買いこむ外貨は何に使われるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義崩壊の首謀者たち
著作者等 広瀬 隆
書名ヨミ シホン シュギ ホウカイ ノ シュボウシャタチ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2009.4
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720489-6
NCID BA89722268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21581293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想