説得コミュニケーション論を学ぶ人のために

鈴木健, 岡部朗一 編

「公的な説得の技法」としてのレトリックを、政治、メディア、歴史、物語、イデオロギーなど、さまざまな文脈(コンテクスト)においてコミュニケーション論的に批評する方法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 導入編(なぜレトリック批評をするのか
  • レトリック批評とは何か
  • どのようにレトリック批評をするか)
  • 第2部 実践編(政治とレトリック批評
  • メディア批評とレトリック
  • イデオロギーとレトリック
  • ケネス・バークのあまりにレトリカルな歴史/物語・記憶)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 説得コミュニケーション論を学ぶ人のために
著作者等 奥田 博子
岡部 朗一
板場 良久
藤巻 光浩
鈴木 健
書名ヨミ セットク コミュニケーション ロン オ マナブ ヒト ノ タメニ
出版元 世界思想社
刊行年月 2009.4
ページ数 304, 8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1406-4
NCID BA8971949X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21589312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想