CSR経営の理論と実際

足立辰雄, 井上千一 編著

CSR(企業の社会的責任)の理論と実態に関する科学的な検証と、今後のCSRへの提言。全体は4部構成からなり、CSR成立の背景と意義、CSRをめぐるステイクホルダー(利害関係者)の取組みの実態、CSRの良い事例や悪い事例の分析を織り交ぜつつ、企業の社会的責任の本質に迫ることを狙いとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • CSR経営研究の方法
  • 第1部 CSRとステイクホルダー(ステイクホルダーの現状と課題)
  • 第2部 CSRと経営(コーポレート・ガバナンス改革と社外取締役
  • 医薬品産業におけるCSRとグローバル・ガバナンス-現代医薬品企業の課題
  • 日本多国籍企業と社会-王子製紙と日本経団連および国連グローバル・コンパクトの事例にみる自主的CSR論の検討を中心に)
  • 第3部 CSRと環境(省エネルギーのビジョンと戦略-キリンビールを事例に
  • 放送業界における環境マネジメント
  • 中国のSRと環境問題)
  • 第4部 CSRと社会(CSR経営と労働
  • 地域社会の活性化と社会的企業家精神-京阪電鉄・大津鉄道の地域密着型経営
  • 現代産業の構造と文化-産業体制とCSRの関係を求めて
  • 21世紀のCSRの課題と展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CSR経営の理論と実際
著作者等 井上 千一
足立 辰雄
書名ヨミ CSR ケイエイ ノ リロン ト ジッサイ
出版元 中央経済社
刊行年月 2009.4
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-66680-3
NCID BA89715182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21583605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想