禁裏本と古典学

吉岡眞之, 小川剛生 編

人間文化研究機構連携研究「文化資源の高度活用」の一つのブランチとして設定された「中世近世の禁裏の蔵書と古典学の研究-高松宮家伝来禁裏本を中心として」の研究成果報告書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 禁裏・宮家文庫の形成(万治四年禁裏焼失本復元の可能性-書陵部御所本私家集に基づく
  • 東山御文庫本『御本御目録』と高松宮家伝来禁裏本 ほか)
  • 第2部 記録と文書の伝来(洞院家旧蔵の部類記と洞院公定-高松宮家伝来禁裏本『脱〓(し)部類記』を中心に
  • 甘露寺親長の儀式伝奏と別記『伝奏記』の作成-室町後期における公家官制史の一考察 ほか)
  • 第3部 歌書と注釈の製作(禁裏における名所歌集編纂とその意義-後陽成天皇撰『方輿勝覧集』を中心に
  • 近世御会和歌資料と自筆懐紙-付、御会和歌年表(寛永〜承応期) ほか)
  • 第4部 蔵書目録の解題と翻刻(『歌書目録』(宮内庁書陵部蔵桂宮本)
  • 『記録目録』(国立歴史民俗博物館所蔵高松宮家伝来禁裏本) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禁裏本と古典学
著作者等 吉岡 真之
小川 剛生
書名ヨミ キンリボン ト コテンガク
書名別名 Kinribon to kotengaku
出版元 塙書房
刊行年月 2009.3
ページ数 631, 14p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8273-0111-3
NCID BA89706636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21577556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想