音楽を展示する : パリ万博1855-1900

井上さつき 著

パリ国立古文書館などに眠る原資料を発掘して、音楽"展示"という概念の形成と展開を5回にわたるパリ万博に追う。ベルリオーズ、ビゼー、サン=サーンスらの音楽家たちに加え、政治家や役人、オルガン製造業者も登場して織りなす19世紀フランス音楽界のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 Prelude
  • 第1章 音楽フェスティヴァルの開催 一八五五年
  • 第2章 音楽展の始まり 一八六七年
  • 第3章 理想の音楽展をめざして 一八七八年
  • 第4章 政治的思惑 一八八九年
  • 第5章 伝統化と未来に続く道 一九〇〇年
  • 結び Postlude

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽を展示する : パリ万博1855-1900
著作者等 井上 さつき
書名ヨミ オンガク オ テンジスル : パリ バンパク 1855 1900
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.3
ページ数 375, 59p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-36412-9
NCID BA89694093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21605823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想