ネットワーク論に何ができるか : 「家族・コミュニティ問題」を解く

野沢慎司 著

「家族の変動」を説明しうる理論にむかって。家族の内部と外部の人間関係の「構造」を同一の枠組でとらえる。家族社会学と都市社会学を交差させるネットワーク論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族・コミュニティ問題-ネットワークのなかの夫婦関係
  • 第2章 ネットワーク論の意義と方法-家族研究への応用
  • 第3章 核家族の連帯性とネットワーク
  • 第4章 若年世代の結婚意欲とネットワーク
  • 第5章 ネットワークのなかの定住と移住
  • 第6章 生活史とネットワーク-時代と磁場と自我のジレンマ
  • 第7章 ネットワーク論の可能性-家族社会学のパラダイム転換再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットワーク論に何ができるか : 「家族・コミュニティ問題」を解く
著作者等 野沢 慎司
書名ヨミ ネットワーク ロン ニ ナニ ガ デキルカ : カゾク コミュニティ モンダイ オ トク
書名別名 Social network approaches to the family-community question

Nettowaku ron ni nani ga dekiruka
出版元 勁草書房
刊行年月 2009.3
ページ数 197p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60219-3
NCID BA89693035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21576383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想