派遣村 : 国を動かした6日間

年越し派遣村実行委員会 編

湯浅誠、宇都宮健児、東海林智ら派遣村実行委員、村民とボランティア、そして雨宮処凛ら熱い連帯者が、派遣村で何が行われたかを内部から報告。人間の尊厳を奪う貧困の現実と、派遣村に萌芽した新しい社会的連帯の可能性を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 派遣村、六日間のクロニクル(派遣村、六日間のクロニクル)
  • 第2章 命をつなぎ合う村民とボランティア(村民から見た年越し派遣村
  • 派遣村体験とジャーナリズムについて
  • 派遣村ボランティア体験記
  • 我々こそが社会の主人公なのだ
  • 派遣村奮戦日記)
  • 第3章 労働運動の新しいヴィジョン(年越し派遣村の入り口で
  • 極私的な「年越し派遣村」への道
  • 派遣切りを許さない全国的な協同を
  • 社会運動の一部としての労働組合)
  • 第4章 人間の尊厳を賭けた闘い(「貧困スパイラル」を断ち切るために
  • 派遣村から発せられた「生きさせろ」という叫び
  • 「派遣村」前夜
  • 派遣村における生活保護制度の正当な活用について
  • 痛みを理解し合える社会へ
  • 全国各地に広がる「派遣村活動」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 派遣村 : 国を動かした6日間
著作者等 年越し派遣村実行委員会
書名ヨミ ハケンムラ : クニ オ ウゴカシタ 6カカン
書名別名 Hakenmura
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2009.3
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-31930-8
NCID BA89692586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21577748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想