花祭

早川孝太郎 著

修験者たちによって天龍川水系に伝えられ、中世に始まるとされる民俗芸能「花祭」。湯を沸かし神々に献じ、すべてを祓い清める冬の神事に、人々は夜を徹して舞い続け、神と人と鬼とが一体となる。信仰・芸能・生活・自然に根ざした祈りを今に伝える奥三河地方の神事を昭和初頭、精緻に調査し、柳田や折口にも影響を与えた、日本民俗学の古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 花祭概説
  • 祭祀の構成
  • 祭場と祭具
  • 儀式的行事
  • 舞踊
  • 音楽と歌謡
  • 祭りにあずかる者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花祭
著作者等 早川 孝太郎
書名ヨミ ハナマツリ
シリーズ名 講談社学術文庫 1944
出版元 講談社
刊行年月 2009.4
ページ数 390p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291944-9
NCID BA89681830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21584916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想