バイアグラ時代 : "魔法のひと粒"が引き起こした功罪

メイカ・ルー 著 ; 青柳伸子 訳

幸福な解決策か、新たな不幸の創造か?全世界に衝撃を与えた男性勃起薬!誕生から10年、健康な性のあり方、男らしさ、女らしさの考え方はいかに変わったのか?綿密なフィールドワークによって分析した初めての書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ボブ・ドール、ビル・クリントン、オッパイ、そして私
  • 第1章 バイアグラの発売
  • 第2章 性機能障害の猛威
  • 第3章 故障した男性機械の修理
  • 第4章 薬で興奮するとは限らない
  • 第5章 女性用バイアグラの探求
  • 第6章 万能薬?
  • エピローグ 追随を許さぬ妙技
  • 補遺 スタディ・「アップ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイアグラ時代 : "魔法のひと粒"が引き起こした功罪
著作者等 Loe, Meika
青柳 伸子
ルー メイカ
書名ヨミ バイアグラ ジダイ : マホウ ノ ヒトツブ ガ ヒキオコシタ コウザイ
書名別名 The rise of Viagra

Baiagura jidai
出版元 作品社
刊行年月 2009.3
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-238-4
NCID BA89670244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21559505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想