よく生き、よく死ぬ、ための生命倫理学

篠原駿一郎, 石橋孝明 編

生と死のせめぎ合いの際で、生命倫理が問いかける生と死の新たな意味。「よく生きること」の意味を問い直しつつ、生命倫理の諸問題を論じた入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生きることと死ぬこと(子どもたちと考える「死ぬことと生きること」
  • ビハーラの仏教的意義-日本浄土教における死生観
  • 自死の倫理-肯定されるべき自死について)
  • 2 医学・医療の諸問題(卵巣凍結保存の境界線
  • 生殖医療-技術革新の先に見えてくるもの
  • 臓器移植制度と臓器の所有 ほか)
  • 3 生命倫理と文化(欲望の爆発は回避できる-ルソーの一般意志概念を手掛かりにして
  • 医学・医療における倫理的知恵
  • 「安楽死」は「よい死」なのか-安らかな死の文化の復活を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よく生き、よく死ぬ、ための生命倫理学
著作者等 石橋 孝明
篠原 駿一郎
書名ヨミ ヨク イキ ヨク シヌ タメノ セイメイ リンリガク
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2009.4
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0329-0
NCID BA8966945X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21607493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想