社会理論25講

宮本孝二 著

『ギデンズの社会理論』の著者が、人間と社会の本質についての独自の視点に基づいて、行為・相互行為から構造・変動に至る社会理論に全体像を描き出す。多様な社会理論を学ぶのに最適なテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会理論とは何か
  • 人間の特性
  • 社会の形成
  • 相互行為論の展開
  • コミュニケーションの社会理論
  • サンクションの社会理論
  • エクスチェンジの社会理論
  • コンフリクトの社会理論
  • 構造の諸相
  • 構造化理論
  • 構造主義とポスト構造主義
  • 階級構造の社会理論
  • 国民国家の構造
  • 場と全体
  • 近代化と現代社会論
  • 戦後日本社会の社会変動
  • 1970年代以降の世界
  • 認識論・方法論
  • 近代の社会理論家たち
  • 現代の者会理論家たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会理論25講
著作者等 宮本 孝二
書名ヨミ シャカイ リロン 25コウ
出版元 八千代
刊行年月 2009.3
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8429-1477-0
NCID BA89656640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21574679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想