カルタゴの歴史 : 地中海の覇権をめぐる戦い

マリア=ジュリア・アマダジ=グッゾ 著 ; 石川勝二 訳

象でアルプスを越えたハンニバルの逸話で知られるカルタゴは、地中海において強大な勢力を広げた都市国家である。本書は、その誕生からローマと三度も戦火を交えて滅亡するまでの歴史と、政治、軍制、産業、文化、宗教について解説する。二十世紀の発掘成果も取りいれた、古代地中海史の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フェニキア人の植民運動とカルタゴの建設
  • 最古のカルタゴの歴史
  • カルタゴの領土拡大
  • カルタゴ人の航海
  • シチリア島のカルタゴ人
  • カルタゴとローマ
  • カルタゴ市
  • 政治制度と公の職務
  • 社会の仕組み
  • 海軍と陸軍
  • 商業と農業
  • 建築と芸術
  • 神、信仰および祭祀
  • 言語と文字
  • カルタゴ文明は滅んだか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルタゴの歴史 : 地中海の覇権をめぐる戦い
著作者等 Amadasi, Maria Giulia
石川 勝二
Amadasi‐Guzzo Maria Giulia
アマダジ=グッゾ マリア=ジュリア
書名ヨミ カルタゴ ノ レキシ : チチュウカイ ノ ハケン オ メグル タタカイ
書名別名 Carthage
シリーズ名 文庫クセジュ 935
出版元 白水社
刊行年月 2009.4
ページ数 159, 5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50935-7
NCID BA8964977X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21582758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想