グローバリゼーションと植民地主義

西川長夫, 高橋秀寿 編

「国民国家と多文化社会」シリーズ最終集。グローバル化と呼ばれる世界の変動は、とりわけ9・11以後、帝国主義的・植民地主義的な様相を深めている。グローバル化が第二の植民地主義であるなら、植民地主義の再生産装置たる国民国家はどのように機能してきたのか。「国内植民地」「グローバル・シティ」「戦後日本」などを手がかりに、「新たな」植民地主義に対する批判の回路と課題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いまなぜ植民地主義が問われるのか-植民地主義論を深めるために
  • 1 "新"植民地主義("新"植民地主義とマルチチュードのプロジェクト-グローバル・コモンの共創に向けて
  • フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える-『"新"植民地主義論』を手がかりに ほか)
  • 2 国内植民地(国内植民地論に関する覚え書
  • 千島列島の内国化と国際的環境-片岡侍従の千島派遣を中心に ほか)
  • 3 グローバル・シティ(都市のグローバル性/植民地性
  • アジア・メガシティとポスト・グローバルシティの位相 ほか)
  • 4 戦後と植民地以後(「難民入植」と「開発難民」のあいだ-戦後開拓を考える
  • 現在に抗する戦後に向けて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと植民地主義
著作者等 西川 長夫
高橋 秀寿
書名ヨミ グローバリゼーション ト ショクミンチ シュギ
出版元 人文書院
刊行年月 2009.3
ページ数 376p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-24081-6
NCID BA89643773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21612832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想