切手と紙幣が語るロシア史

安西修悦 著

近現代のロシアの切手と紙幣を通じてロマノフ朝〜ロシア革命〜ソ連盛衰と至るロシアの変遷を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前史-6〜19世紀(はるかな昔
  • ロマノフ朝:膨張の歴史)
  • 第2章 ロシア帝国の絶頂と落日-1857〜1917(広大な国土とロシア化
  • 日露戦争と第一次世界大戦)
  • 第3章 革命と内戦-1917〜22(2月革命と10月革命
  • 革命・反革命と外国軍の干渉 ほか)
  • 第4章 ソヴィエト連邦の盛衰-1922〜91(ソ連邦結成と戦間期
  • 第二次世界大戦 ほか)
  • 第5章 ロシア連邦と独立国家共同体-1991〜(ソ連邦消滅
  • ロシア連邦の発足 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 切手と紙幣が語るロシア史
著作者等 安西 修悦
書名ヨミ キッテ ト シヘイ ガ カタル ロシアシ
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット no.132
出版元 東洋書店
刊行年月 2009.2
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88595-830-4
NCID BA89600668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21640212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想