占領下日本の学校図書館改革 : アメリカの学校図書館の受容

中村百合子 著

学校図書館の現状と寄せられる期待。その理想と現実のギャップは、どこに要因があるのか。日本の学校図書館が制度化をみた戦後初期の学校図書館改革期を振り返り、その理念形成の経過と内容を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学校図書館改革の基盤形成:1945‐47
  • 第2章 学校図書館改革の具体的着手:1947
  • 第3章 「学校図書館(室)運営の手引」編修委員会の設置とその活動:1947‐48
  • 第4章 『学校図書館の手引』の構成と記述:アメリカと日本の影響要因に注目して
  • 第5章 学校図書館協議会の設置とその活動:1948‐49
  • 第6章 学校図書館基準の策定:アメリカと日本の影響要因に注目して
  • 補論 日本の学校図書館論形成の一断面-滑川道夫の読書指導論の形成:戦前から戦後へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領下日本の学校図書館改革 : アメリカの学校図書館の受容
著作者等 中村 百合子
書名ヨミ センリョウカ ニホン ノ ガッコウ トショカン カイカク : アメリカ ノ ガッコウ トショカン ノ ジュヨウ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2009.3
ページ数 394p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1606-0
NCID BA89595149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想