桃仙人 : 小説深沢七郎

嵐山光三郎 著

深沢七郎-昭和三十一年、『楢山節考』で中央公論新人賞を受賞。三島由紀夫は「真夜中の二時すぎに読んでいると総身に水を浴びたような感じがした」と評した。老人問題が喧伝される今こそ読まれるべき、この伝統的反近代小説を書いた、異端の小説家に筆者が絶縁されるまでの日々。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桃仙人 : 小説深沢七郎
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ モモセンニン : ショウセツ フカザワ シチロウ
シリーズ名 ランダムハウス講談社文庫
出版元 ランダムハウス講談社
刊行年月 2008.11
ページ数 189p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-270-10251-0
NCID BA89588937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21525747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想