「蟹工船」を読み解く : 魂の革命家小林多喜二

鈴木邦男 著

本当に"カニコー"は現代日本の写し絵なのか?作家・小林多喜二と『蟹工船』混迷する世相に鈴木邦男が鋭く切り込む!対談「筆坂秀世氏に聞く小林多喜二と共産党」収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「使い捨て」にされた多喜二
  • 多喜二は「左翼陣営統合の象徴」だ
  • これは"革命小説"なのだ!
  • 右翼も『党生活者』から学んだ
  • この小説の主人公は「団結」だ!
  • 「生存権」と天皇制
  • 対露恐怖症と"愛国心"
  • サボ。そして、ストライキ成功!
  • 『蟹工船』の死。多喜二の死
  • 多喜二と天皇と里見岸雄
  • では「天皇制」をどうするか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「蟹工船」を読み解く : 魂の革命家小林多喜二
著作者等 鈴木 邦男
書名ヨミ カニコウセン オ ヨミトク : タマシイ ノ カクメイカ コバヤシ タキジ
シリーズ名 蟹工船
出版元 データハウス
刊行年月 2009.3
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7817-0002-1
NCID BA89575662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21645407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想