D.H.ロレンスの文学人類学的考察 : 性愛の神秘主義、ポストコロニアリズム、単独者をめぐって

大熊昭信 著

[目次]

  • 序章 読むことの倫理-「作家のモラル」と「物語のモラル」
  • 第1章 ロレンスの偽神学-自我を呪縛/解縛する言説
  • 第2章 ロレンスの性愛の神秘主義
  • 第3章 言説の政治学-階級、民主主義、ファシズム、ポストコロニアリズム
  • 第4章 ロレンスと歴史意識-アジア・フォービアとダーウィニズム
  • 第5章 無名性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 D.H.ロレンスの文学人類学的考察 : 性愛の神秘主義、ポストコロニアリズム、単独者をめぐって
著作者等 大熊 昭信
書名ヨミ D. H. ロレンス ノ ブンガク ジンルイガクテキ コウサツ : セイアイ ノ シンピ シュギ ポストコロニアリズム タンドクシャ オ メグッテ
出版元 風間書房
刊行年月 2009.3
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7599-1723-9
NCID BA8957288X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21577320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想