バイオロジカル・コントロール : 害虫管理と天敵の生物学

仲井まどか, 大野和朗, 田中利治 編

バイオロジカル・コントロール(生物的防除)は、害虫の天敵を使って病害虫や雑草を防除するという古くて新しい技術である。主に農学部・生物資源科学部系の学部生を読者と想定して構成し、害虫管理としてのバイオロジカル・コントロールの現状や課題を概説すると同時に、生き物としての天敵の面白さについても紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物的防除の基礎(生物的防除の概要と歴史
  • IPMと害虫防除の現状)
  • 2 生物的防除の実際(伝統的生物的防除
  • 放飼増強法による生物的防除
  • 土着天敵保護による生物的防除
  • 天敵微生物による生物的防除)
  • 3 昆虫の天敵(天敵のグループ分け
  • 捕食寄生者の行動
  • 寄生蜂の学習
  • 寄生蜂による寄主制御
  • 捕食者の行動と生態
  • 捕食性昆虫の増殖)
  • 4 昆虫病原微生物の戦略(昆虫病原細菌
  • 昆虫ウイルス
  • 昆虫病原糸状菌
  • 微胞子虫
  • 線虫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオロジカル・コントロール : 害虫管理と天敵の生物学
著作者等 仲井 まどか
大野 和朗
田中 利治
書名ヨミ バイオロジカル コントロール : ガイチュウ カンリ ト テンテキ ノ セイブツガク
出版元 朝倉書店
刊行年月 2009.3
ページ数 168p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-42034-0
NCID BA89561180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21579059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想