病の神様 : 横尾忠則の超・病気克服術

横尾忠則 著

病院に行くと生き生きするという著者が、これまで患ってきた数々の病気とのつき合い方・克服法を一挙公開。動脈血栓で立つこともできなかった足が三島由紀夫の自決を知った途端に治った話、たった八分の温泉入浴で帯状疱疹が消えた話など、独自の死生観とユーモアをまじえてつづったかつてない病気エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「日替わり病気」病
  • 天使のいる病院
  • 日常と非日常、あるいは生と死
  • 十年に一度の事故
  • 不運の事故が、仕事の道を開いてくれた
  • 休業宣言の先にある未来
  • 無事帰還、喜ぶべきか
  • 思いがけない手術
  • 歩行訓練が招いた片足切断の危機
  • 三島さんの死が起こした奇蹟〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病の神様 : 横尾忠則の超・病気克服術
著作者等 横尾 忠則
書名ヨミ ヤマイ ノ カミサマ : ヨコオ タダノリ ノ チョウ ビョウキ コクフクジュツ
書名別名 Yamai no kamisama
シリーズ名 文春文庫 よ2-7
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.3
ページ数 249p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-729707-7
NCID BA89546234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21560599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想