論理的にプレゼンする技術 : 聴き手の記憶に残る話し方の極意

平林純 著

理系、文系を問わず、ビジネスシーンではプレゼンを避けて通れません。わかりやすいプレゼン術は全社会人の必須スキルといえます。本書では、そもそも「よいプレゼンとはなにか?」といった基礎のキソから、発表に臨む際の心構え、事前準備から、発表シナリオのつくり方、発表中の正しい振る舞い、パワーポイントの効果的な使い方、聞き手を飽きさせない技術、質疑応答のじょうずな方法まで解説していきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「よいプレゼン」ってなんだろう?
  • 第2章 わかりやすい「プレゼンストーリー」をつくる!
  • 第3章 おろそかにしちゃいけない!事前準備
  • 第4章 資料づくりの大前提を押さえる
  • 第5章 わかりやすいスライドづくりの基本
  • 第6章 反面教師に学ぶ!聴き手を惑わす発表資料に要注意
  • 第7章 聴き手が引き込まれる発表資料のつくり方
  • 第8章 プレゼン発表テクニック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理的にプレゼンする技術 : 聴き手の記憶に残る話し方の極意
著作者等 ひらばやし じゅん
平林 純
書名ヨミ ロンリテキ ニ プレゼンスル ギジュツ : キキテ ノ キオク ニ ノコル ハナシカタ ノ ゴクイ
書名別名 Ronriteki ni purezensuru gijutsu
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-103
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2009.3
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4977-1
NCID BA89520106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21569962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想