音楽家はいかに心を描いたか

笠原潔 著

恋、裏切り、信仰、希望、孤独、西洋音楽との対話から「人間」が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バッハは「神の力」を表わした
  • 第2章 モーツァルトは「恋」に心理を読んだ
  • 第3章 ベートーヴェンは「統一」を図った
  • 第4章 かくしてベートーヴェンは「気宇壮大」もつくった
  • 第5章 シューベルトは「空虚」に降り立った
  • 第6章 楽譜は宇宙を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽家はいかに心を描いたか
著作者等 笠原 潔
書名ヨミ オンガクカ ワ イカニ ココロ オ エガイタカ : バッハ モーツァルト ベートーヴェン シューベルト
書名別名 バッハ,モーツァルト,ベートーヴェン,シューベルト
シリーズ名 放送大学叢書 003
出版元 左右社
刊行年月 2009.3
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903500-12-6
NCID BA89493182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21615356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想