光る遺伝子 : オワンクラゲと緑色蛍光タンパク質GFP

マーク・ジマー 著 ; 小澤岳昌 監訳 ; 大森充香 訳

緑色蛍光タンパク質(GFP)は、いまやバイオテクノロジーに欠かせないものとなっている。本書では、この光るタンパク質が最初にクラゲとホタルのなかで進化した理由を解説し、生物発光現象に関する歴史や、生物発光メカニズムの解明に生涯をかけた科学者たちを紹介する。"光る遺伝子"の発見からクローニング、大量生産に至る道のりはたいへん興味深い物語である。科学者たちは、この光るタンパク質を、がん細胞の可視化、細胞感染のモニタリング、水質汚濁調査、テロリストが仕掛ける生物化学兵器の検知など、さまざまな用途に利用してきた。そしていまも、胸躍らせるような新発見を求め続けている。本書はこの分野に関する、驚きと感動に満ちた一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生物の光
  • プリニウスの杖から燃える恋心まで
  • ホタルを使って火星生命体を探す?
  • 下村博士のつくった「しぼり汁」
  • GFPのレシピはどこに?
  • レシピをコピーしよう
  • GFP革命のはじまり
  • 水を欲しがるジャガイモと緑色の血をもつ魚
  • 蛍光ウサギのアルバ
  • 缶のなかの光
  • ロシアの赤い羊
  • 緑のサル「アンディ」と黄色いブタ
  • カメレオン・FLIP・FRET・FRAP・カンガルー
  • がん
  • 医療における光る遺伝子
  • 防衛、安全保障、バイオテロリズム
  • これからの光

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光る遺伝子 : オワンクラゲと緑色蛍光タンパク質GFP
著作者等 Zimmer, Marc
大森 充香
小澤 岳昌
ジマー マーク
書名ヨミ ヒカル イデンシ : オワンクラゲ ト リョクショク ケイコウ タンパクシツ GFP
書名別名 Glowing genes
出版元 丸善
刊行年月 2009.3
ページ数 272, 25p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08094-8
NCID BA89487598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21603467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想