社会調査でみる災害復興 : 帰島後4年間の調査が語る三宅帰島民の現実

田中淳, サーベイリサーチセンター 編

災害復興とは、どのようなものか?4年間の現地調査をもとに、三宅島噴火災害の復興過程や、被災者の意識と生活実態の変遷を時系列で克明に描き出す。調査技法を駆使した、社会調査の注目すべき実践の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三宅島2000年噴火の災害誌(噴火から離島までの70日間
  • 三宅島噴火の歴史
  • 島のプロフィール(三宅島豆情報))
  • 第2章 帰島民の意識(調査結果の総括
  • 調査の概要
  • 調査結果の分析
  • 島びとの独言-「自由回答から」)
  • 第3章 「帰島民調査」の現場から(調査担当者の現地報告
  • 実査社員の研修レポート)
  • 第4章 帰島者の生活実態(長期避難生活での課題
  • 帰島後の日常生活-一住民の『三宅島便り』
  • 商工業者への支援と産業振興
  • 高齢者の現状と今後の課題)
  • 第5章 災害と復興の課題(火山災害と復興
  • 被災者支援と復興制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会調査でみる災害復興 : 帰島後4年間の調査が語る三宅帰島民の現実
著作者等 サーベイリサーチセンター
田中 淳
書名ヨミ シャカイ チョウサ デ ミル サイガイ フッコウ : キトウゴ 4ネンカン ノ チョウサ ガ カタル ミヤケ キトウミン ノ ゲンジツ
シリーズ名 シリーズ災害と社会 8
出版元 弘文堂
刊行年月 2009.3
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-50108-1
NCID BA89481423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21581464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想