イワシはどこへ消えたのか : 魚の危機とレジーム・シフト

本田良一 著

イワシが獲れなくなった。全国水揚げ量はピーク時の一六〇分の一となり、すでに私たちにとって身近な魚とは言えなくなりつつある。一方で、サンマは豊漁が続いている。なぜこのようなことが起こるのか。本書は、一九九〇年代以降、定説となった「レジーム・シフト」による魚種交代という考え方をわかりやすく説明し、水産行政や地元産業への影響を通して、人類の共有財産である水産資源をどう守っていくかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ レジーム・シフトの誕生
  • 第1章 マイワシの巻
  • 第2章 マサバの巻
  • 第3章 アンコウの巻
  • 第4章 スケソウの巻
  • 第5章 サンマの巻
  • 第6章 水産庁の巻
  • 第7章 人間の巻
  • エピローグ レジーム・シフトの父

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イワシはどこへ消えたのか : 魚の危機とレジーム・シフト
著作者等 本田 良一
書名ヨミ イワシ ワ ドコエ キエタノカ : ウオ ノ キキ ト レジーム シフト
シリーズ名 中公新書 1991
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.3
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101991-2
NCID BA89438923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21585483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想